最新情報

2014年7月20日乾燥肌のスキンケア
乾燥肌 対処法 パック
2014年7月18日生活習慣の改善
健康肌 血行をよくする
2014年6月15日洗顔や化粧時の注意点
敏感肌 洗顔方法
2014年5月20日アトピーの方への化粧品
アトピー性皮膚炎 対策
2014年5月19日スキンケア習慣
敏感肌 改善法

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

アトピー性皮膚炎の原因は?

アトピー性皮膚炎の原因は、これといったはっきりしたことは分かっていません。

遺伝体質によるものや、環境ホルモン残留、ストレスが
アトピーの原因なのではと考えられています。

アトピー性皮膚炎を持つ人は、様々な誘因で症状を発症してしまいます。

アトピー性皮膚炎の誘因になるものには、以下のものがあります。
・ハウスダスト、ダニ、カビ
・食べ物
・添加物
・冷え
・汗や汚れなど

アレルゲンになりやすい食べ物には、乳製品、卵、大豆製品などがあります。
他にも米や麦などがアレルゲンになることもあります。

アトピーとアレルギーは深い関係がありますが、アレルギーだけが原因とも限りません。

アレルゲンを調べるには皮膚科で血液検査をすればできますが、
それだけではアトピーの原因がはっきりと付きとめることはできません。

精神的ストレス、環境要因、体質などあらゆることが合わさって発症することもあるのが
アトピーなので、ひとつの原因を取り除いたところでは症状が良くならないこともあります。

アトピーにオススメのクリーム⇒メトセラatp es-27クリーム

 

タグ

2012年12月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アトピー性皮膚炎の原因

乾燥肌 対処法 パック

夏の時期は冷房の効いた部屋に長時間いるので、乾燥肌の悩みを抱えている方には辛い時期ですね。どんなに気をつけてもカサカサ パリパリ。

40代後半の乾燥肌の私にはその辛さがよくわかります。朝 一生懸命メークしてしっとり感があったはずのお肌も仕事が終わる頃には、ヒビ割れた壁のような…。

明日からまた元気ハツラツ仕事に出るためにも 今日は半身浴をしながらのハチミツパックに挑戦!

以前 キュウリパックに挑戦した時も 半身浴をしながらやってみました。そうすると毛穴が開いてより効果的です。

湯船に入る前に 髪の毛にベタベタ ハチミツがつかないようにヘアバンドしまして 顔中ヌリヌリ。何も考えずに目の周りにも 塗ってしまって…シマッタ!と思いましたが ネットリしているため 目には入りません。ホッ。

数分後 ん?ちょっとあったかいような!?と感じましたが 10分過ぎたあたりから よりジンワリ暖かくなってきました。あったかい濡れタオルを置かれたような感じでとても気持ちがいい〜。

その上なんだか老廃物とか 余分ものが吸い取られていくようないい感じです。

ネットで見ると最低10分は!と書かれていたので 年齢のことも考え その倍の20分やってみました。

水でサッと洗い流すと なんだか一枚皮が剥がれたような爽快感。

お風呂を出て鏡をみて見るとなんだかちょっと白くなったような気もします。

しっとり感はキュウリパックの時よりは少なめですが、サラサラして 化粧水をつけなくても パリパリ カサカサしません。

ストレス解消にも もってこいでした。皆さんも是非やってみて下さいね!

タグ

2014年7月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:乾燥肌のスキンケア

健康肌 血行をよくする

生き生きしたバラ色の頬 そしてツルツル卵肌。女性の憧れですよね。でも考えてみると 子供の時ってみんなこんなお肌してましたよね。

あの頃は 化粧水も乳液もいらなかった、口紅をつけるとやけに毒々しくて、何もつけないのが一番可愛かった そんな時期も みなさんあったはず…。

では今何故、カサカサ ブツブツ くすみがあるのでしょう?やはり血行が悪くなっているのです。肌だけに限らず 血行が悪くなると 肩こり 頭痛 などなど色々問題が出てきますよね。

それで今回は血行をよくするお食事。特に和食、これで血行を改善しちゃいましょう。

昔から食べてきた和食。これがよく調べてみると血行を良くし、健康にも寄与します。

例えば大根の葉の入ったお味噌汁。これにはビタミンEが豊富で肌の血行を良くし 結果 肌が生き生きしてきます。

お次は レバニラ炒め。これにはビタミンAが入っており肌の新陳代謝を良くします。食べれば肌に溜まった老廃物を流してくれるのです。

白いご飯を食べる時は海苔をご一緒に!海苔には日焼けのダメージを最小限にしてくれるビタミンCが。ミネラルも豊富に含まれています。

海苔にはレモン以上にビタミンCが含まれてるってご存知でしたか?これで疲れ知らずに。仕事帰りに疲れが顔に…なんてことにならないように。

皮膚の健康を保つにはビタミンB6。例えば赤身の魚 カツオ マグロなどなど 飲み会に一品添えてみてください。
肌の代謝を良くし皮膚の健康を保てます。

この暑い夏を乗り切ってお肌イキイキ、のためにこれからは和食を!

タグ

2014年7月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:生活習慣の改善

敏感肌 洗顔方法

お肌のためにはまず洗顔と言いますが、どのような洗顔方法が良いのでしょうか?ゴシゴシはダメ、泡でフワフワっと撫でるようにとはよく聞く方法。

では水の温度は?
以前若々しいお肌の高齢者の方が、冷たーい水でバシャバシャ洗うと お肌が引き締まっていいですよとアドバイスしてました。

そう聞くとなるほど 確かに冷たい水で洗うと肌がシャキッと引き締まりそうだと思いますよね。ですがこれは朝の目覚めに石鹸を使わずに洗顔する時の方法。

しかしメークした顔を洗う場合 冷たい水はNGです。
なぜなら冷たい水だと 油分(クレンジング)が固まってメークが残ってしまうのです。

では熱めのお湯で洗うのはどうでしょうか?
これまたNGです。どうしてでしょうか?それは熱めのお湯だと潤いがなくなって乾燥肌の人には良くありません。

メーク落としの洗顔時は ぬるま湯で優しく洗うのが正解です。

クレンジングの量も ちびちびケチケチは やめましょう。量が少なすぎるとメークが浮かず、素肌への摩擦が起こり負担となります。
たっぷり使って洗いましょう。

そして時間をかけてじっくり落とさない。一分以内で素早く落としましょう。ながなが時間をかけると潤いまで奪ってしまいます。

たかが洗顔 されど洗顔。乾燥肌を改善するためにも気をつけて洗ってください。

タグ

2014年6月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:洗顔や化粧時の注意点

このページの先頭へ